〜イランからパキスタンへ〜





 オレはフラフラしていた。
 ペルセポリスという観光地で、朝から下痢気味だったにも関わらずチョコレートアイスを買い食いし、案の定激しい下痢になったがトイレに行った後また誘惑に負け売店でオレンジアイスを購入、再度腹痛に襲われたがまたトイレから出て遺跡の出口へ向かったところで売り子(売りおっさん)の掲げるチョコとアイスの切なく甘いハーモニーと誘惑に負け、みたびチョコレートアイスを食ったら
さすがに腹痛で動けなくなった。
 おいっ、おいっ、おいつつつつっっいつつつっっ、いつっ、
いつつつつつづづっっっ!! いづみ川! いつみきとてか恋しかるらむっ!!
 痛い(涙)。内臓が。内臓が壊れてしまいました(号泣)。
 なんでだっ!! 内臓!! 3本もアイスを食べさせてやってるじゃないか!! 
これだけご褒美を与えて甘やかしてやってるのに逆に痛くなって迷惑をかけるとは何事だ!!! 恩を仇で返しやがって!!! 内臓めっ!!

 ふむふむ。たしかに一理ある。内臓に責任があるわけではなく、そもそもオレがアイスを3本も食べたのが悪いんだという意見には
一理ある。でもあるのは一理だけだ!! 過半数の6理以上を占めないとここでは正式に採用されないんだぞ!!!
 そうだ。オレが悪いんじゃないんだ。こんなにアイスを美味しそうに売っている売店と、
それを認めているイラン政府が悪いんだ!! 汚いトイレに行って精神的苦痛も受けた!!! 国を相手に損害賠償請求してやるっ!! イランめっっ!! 
 その日は夜行バスで移動予定だったが、発車の時間まで下痢体で街を歩き回ることは死を意味したので、バスターミナルのトイレ脇の芝生で
ホームレスの一団と一体化して夜まで過ごすのだった。仲良くなったよ。家なきおじさん達と。そして頻繁にトイレに通いトイレ使用料貧乏になったよ。

 そのまま夜行でケルマーンという町まで移動し、朝4時にバスを乗り換えて世界遺産のあるバムという町まで移動。その日1日バムの遺跡を観光して翌日国境の町ザーヘダーンへ。

 ってちょいと待ちなさい。「夜行でケルマーンという町まで移動し、朝4時にバスを乗り換えて世界遺産のあるバムという町まで移動。」って
そんな苦しいことを1行で書いてどうするんだよ! どれだけしんどかったと思ってるんだ!! そういう辛いことはもっと行数を割いて書けよ!!!

 はい。じゃあ書きます。そんなに言われるのだったら書きます。
 いいですかあなたたち? パソコンの前で部屋着でコーヒーを飲みながらリラックスしているあなたたち! シャワーも浴び終えて、あとは温かいベッドで寝るだけのあなたたち! 時には、このページを見ていたら後ろから彼氏に抱きつかれて、
「ちょっともう、今作者さんの旅行記読んでるんだから……」「だれ作者さんって。男?」「何やきもち焼いてるのよ。作者さんは変態な旅行記を書く人なの」「ふーん。じゃあ変態な奴なんだ。そんなの後で見ればいいじゃん。ンチュッ」「ちょっと待って、こ、このページだけ読ませてよお。ん、もう、ちょおっと」「チュッチュッ……さわさわ」「ちょっ、ちょっとほんとにやめてって……っひあんっ……」「チュッ……チュッ……モミモミ」「あっ、あふうんっ……はあ死ねっ!! てめえ死ねっっ!!!!
 とにかく、
そんなあなたたち!! よく聞きなさい。体調が悪い中、イランで全く寝れないまま朝4時に小さなターミナルに着いて2時間ベンチに座って過ごしてバスを乗り換えて次の町まで行くってそれがどんな苦しいことかわかってるのか!!!!
 え? わからん? 
そうだよね。わからんよね。当事者じゃないんだし。もういいや。
 まあたしかに、特にイベントの無いイランで細かいことを書いて引き伸ばすより、早くインドとかに行った方が書く方も読む方も面白くていいでしょう。
って別に書くのはオレの勝手だろうがっ!!!! 趣味でやってる旅行記なんだから!!! 休日もアフター5も全部返上で何年も書いてるのにそんなこと言われる筋合いはねえんだよっ!!!! いいよな読んでるだけの方は!!! レビューでオレの本の悪口とか書いてる奴死ねっ!!!

 ……。

 はっ。
 あら。おかしいわ。今なんだか自分の意思とは違う、超自然的な存在に無理やり喋らされていたような気がするわ。
決して本心じゃないのに。本当の私は、批判も受け入れる広い心を持った人間なのに。

 ともかく、パキスタンとの国境の町ザーヘダーンに到着してすぐに、オレは乗り合いワゴンに押し込まれボーダーへ向かった。国境まではさらに砂漠をかっ飛ばして30分ほどであるが、料金は1人3万リアル(400円くらい)ということだ。


「オイ、ジャパニーズ!」


「なんだい青年?」


「しーっ! 静かに。いいか、ドライバーは3万リアルって言ってるけど、本当は2万なんだ。オレたちはみんな2万リアルで乗ってるから、おまえも2万だけ払えばいいよ」


「おおっ! そうだったのか。くそ〜悪徳ドライバーめ〜。さすがのイランでもドライバーだけは信用ならんか……。タクシードライバーがボらない国は日本だけのようだな。教えてくれてありがとう」


「オーケー、ドントマインド!」



 隣に座る、金城武を若返らせたような超ハンサムなパキスタン人の青年がこっそりオレに正規運賃を教えてくれた。きっと彼はハンサムとして、同じハンサム仲間が悪質ドライバーに騙されるのを放っておけなかったのだろう。
 たしかにハンサムな人間は、それだけで様々なディスアドバンテージがある。よく美人女優とバラエティ司会者(紳助)の間で「キミめちゃめちゃモテるやろ?」
「そんなことないですよ。本当に全然もてないんです。誰も誘ってくれないし」「ちゃうねんちゃうねん。それはモテてないんじゃないねん。みんな『ああ、こんなキレイな娘やったら絶対男いるに決まってるわ』って思ってるねんて」「そうですかねえ〜」などという会話がなされることがあるが、それと同じように、ハンサムなオレも驚くほど女性に誘われない。
 職場などの女性は多分オレに彼女がいて当然だと思っているのだろう、
昼食どころか休憩時の世間話にすら誘われないのだ。しかも誘いが無いどころではなく、目が合うことすら避けているように感じる。キミたち、チャレンジする前にそこまで極端に諦めないでもいいのに。案外、誘ってみたらOKが出るかもよ? というか500%の確率でOKが出るのに。やる前から諦めちゃダメだよ。

 ……このように、ハンサムな人間はハンサムだというだけで周りから冷たい仕打ちを受けるのだから、被害を受けているハンサム同士一致団結して助け合わなければならないのだ。
 ……。
 よかったサイトに自分の写真を公開してなくて……。

 ハンサムの厚い友情を育んで(いくんで)いると、部外者のおじさん乗客がオレたちハンサム仲間に加わろうとしてきた。審査のハードルはとても高いのに。


「ヘーイジャパニーズハンサム! おまえもパキスタンに行くのか?」


「こんにちは。アッサラームアレイクム。僕の名前はカッツンの赤西といいます。この国境へ向かう乗り合いバスに外国人が乗っていたら、
パキスタンに行く以外の何があるんだよ!!! 他にこのバスに乗るどんな理由があるというのですか!!!」


「いや、例えば国境まで行って帰って来るだけとか。そんな可能性もあるのかなと思って」


あるわけねーだろ!!! なにそのよくわからんコメント。伏線? あっ、ところで、パキスタンビザって国境で取れるよね?」


「取れるよ。でも向こう側の村には宿が無いから、すぐに一晩バスに乗って次の町まで行かなきゃならんよ」


「そんな!! 何日連続で夜行に乗ってると思ってるんだっ!! 見ろっ、もう夜行バスの乗り過ぎでこんなにフラフラになってるんだぞ!! フラフラ 最初は目の下だけに出来てたクマも今や顔面全体に広がって、本物の熊人間みたいになってるだろう!!」


「夜行バスくらい平気で乗りこなさないと旅人とは言えないぞ」


「そうか。全然平気で乗りこなせてないオレは旅人とはいえないよね」


「言えないなあ。おっ、そろそろ着くぞ。パスポートを見せろよ」



 検問所でイラン軍兵士にパスポートチェックを受け、またしばらく走りイミグレーションへ。乗り合いバスを降りると、熟年ドライバーがオレに背を向けて他の客から料金を集め出した。このやろー。オレに正規料金がバレないようにコソコソしやがって……。


「さて、日本人! 運賃の集金だよ! 3万リアルな」


「はい、2万リアル。ダメだよ外国人差別は」


「……なんだこれ? 誰が2万って言ったんだよ。もう1万だ。はやくよこせよ」


「よこさないよ。本当の運賃は2万リアルだろう? 知ってるんだから。おまえの悪巧みは、すべてお見通しよ!」


「おいふざけるなおまえっ! 3万って言ってるだろうが!! テメー!!」


「テメーとはなんだテメー!! 親切な乗客が正規運賃を教えてくれたんだよ!!! この金の亡者っ!! 外国人だと思ってバカにしやがって!!」


「テメーとはなんだテメーとはなんだテメー! 他の客は関係ないだろうが!! おまえには最初から3万だって言ってただろう!! 今さら文句垂れるんじゃねーよっ!!」


「この恥知らず!! イラン人もパキスタン人もあんなに親切なのになんでおまえだけ例外なんだよ!!! おまえのせいでイランのイメージが悪くなるぞ!!!」


「そんなのどうでもいいんだよ!! とにかくあと1万払えよこのガキ!! ここまで乗せてきてやっただろうが!!」


「これ以上おまえに払う金など無いわっ!! おまえもイスラム教徒なら他の人を見習ってもっと真摯に生きろ!! このアホっ!! 愚か者!! 詐欺師!! じゃあな!!」


「待ておいっ!! 金を!! 金を払え〜〜っ!!!!」



 ケッ。卑怯な奴め……。イランには良い印象しか無かったのに、最後の最後でいやーな気分になっちまったじゃないか。まあいいさ。おまえなんかには、もう2度と会うことはないだろう。
あばよアホなジジイ!!
 オレは早々に口論を切り上げてイミグレーションの建物に入り、出国手続きを済ませた。他の乗客も並んでおり、ハンサム仲間の青年はオレに向かって親指を立て、「グッジョブ!」のポーズで笑いかけてくれた。オレも白い歯を見せ、ハンサム顔で彼に応える。今夜は彼と一緒に、ハンサムバスに乗り一晩を過ごすのだ。そして、
ハンサムディナーを食べ、ハンサムナイトの開催を迎えるのだ!!
 出国に続いては、いよいよパキスタンの入国手続きである。南アフリカから数えてこれで15カ国目。15カ国も旅すれば、
そりゃあハンサムにもなろうというものだ。
 イラン側の建物を出て金網のゲートをくぐりしばらく歩くと、砂の上にポツンと建つ長屋風の建物の前で、入国管理官がパスポートの回収に来た。乗り合いバスの乗客全員分をまとめて手続きしてくれるらしい。なんとも要領が良いではないか。
 少しの間他の乗客と話をしながら待っていると、なぜかオレだけが「日本人ちょっと来い」と呼び出された。なんだろう。ハンサムのサインでも欲しいのだろうか。東京の老舗ラーメン屋のように、有名人のサイン色紙を壁に飾ろうというのだろうか?


「なんですか? 僕はハンサムなだけで、有名人というわけではないんですけど」


「おまえパキスタンのビザはどうしたんだ?」


「ビザは持ってません。なので、ここで取ります。いくらですか?」


「ここでって、ここでは取れないぞ」


「えっ ……う、うそだ。と、取れるよ。取れるに決まってる」


「何言ってんだおまえ? ビザは大使館か領事館でないと取れないに決まってるだろう」


「ちょっと!! ウソ!! 国境で取れるんでしょ(泣)!!」


「取れないっつーの。ビザが無くてどうやって入国しようとしてるんだおまえは。アホか」


「アホじゃないよ!! そんなっ!! ちょっと!! ほら、見て! これ日本のガイドブック! ほらここに、ここに『ビザは国境で取得可能』って書いてあるじゃないですか!!! これ日本製ですよ!? 日本のガイドブックがウソつくわけないじゃないですかっ! だから取れるはずなんです!! 本当はここでビザが取れるんですよ!!」


「なんだおまえコラ? おまえ自分の言ってることがわかってるのか?」


「わ、わかってません。でも、さっきバスの中でパキスタン人にも聞いたし!! 取れるって、国境で取れるってパキスタン人も言ってたもん!!」


「誰が言ってたんだ?」


「ほらっ、あの人! ねえ、ねえおじさん!! あなたさっき、パキスタンビザは国境で取れるって言ってたよね!?」


「え……。いや、と、取れないよ。ビザは国境じゃあ取れないよ(汗)」


「ひどいっ!! さっきと言ってることが違うじゃあないか!! 責任取ってよ!!!」


「おまえっ!! 彼を責めるのは筋違いだろう!! 確認しなかったおまえが悪いんじゃないか!!!」



「ごめんなさい(号泣)。おじさん八つ当たりしてごめんなさい(号泣)」


「い、いいよべつに……」


「とにかくビザなしの外国人を通すわけにはいかん。たとえここを通過したとしても、パキスタンから出国する時もっと厄介なことになるぞ」


「そんなっ!! じゃあ僕ちゃんはどうすればっ(涙)!!」


「ザーヘダーンにもパキスタン領事館があるから、そこで取ってきなさい。今日は休みだけど、平日に行けば4,5日で取れるから」


「4,5日……。今まさに国境を越えようとしていたのに、このまま戻って何も無い町で4,5日過ごせというのですか。国境の町で4,5日待てというのですか。4,5日待てと、そう言うのですか。僕に言うのですか。ああ……(号泣)」


「お〜い! 日本人以外はみんなパスポート取りに来いよ〜。スタンプ押しといたから!」



 ……。
 あああああ(号泣)。なんという計画不足。なんという怠慢。15カ国も旅しているのにまだ全く旅人になりきれていないこのいい加減さ。
 なぜこんな大事なことをちゃんと確認してこなかったのだろうか。今、改めて、心から自分が恥ずかしい。知り合いの女の子(年下)に「アフリカは最高だぜ! やっぱり動物園なんかと違って、大自然の中の動物達はずっと生き生きしてるぜ(添付ファイル参照)!」というメールを出して、
添付ファイルを付け忘れたことに気付いて「ごめん、さっき添付ファイルつけ忘れちゃった」ともう一度メールを送るくらい恥ずかしい。ひどい時はその訂正のメールにすら添付ファイルをつけ忘れ、修正不可能になることもある。
 ともかく、もう泣いてもわめいても夏色コスメで
自分らしさを演出しても、ビザは取れないっていったら取れないのだ。くそ。そんなビザとかパスポートとか、書類や肩書きなんてどうでもいいじゃないかっ!!! もっとオレという1人の人間を見てくれよ!! 中身で判断してくれ!! ちゃんと時間をかけて話をすれば、オレの優しさや素直さがわかるはずだっ!! 決してハンサムなだけな人間じゃないぞ!!!


「まだいたのかおまえはっ!! さっさと帰れよ!!!」



「はいすいません。今すぐ帰ります」


 パキスタンの公務員に怒られたオレはズシっと重い荷物を抱え、トボトボと先ほど出たばかりのイランの出国審査カウンターへ戻った。当然、イラン側の出国管理官が不思議そうに聞いてくる。


「ん? おまえどうしたんだ?」


「じ、実はパキスタンビザを持っていなくて、入れてもらえませんでした(涙)」


「バカな奴だなあ。おまえ初心者じゃないんだから、普通の国はビザが無けりゃ入れないことくらい知ってるだろう」


「あは〜〜ん(号泣)」


「じゃあさっきの出国は取り消すから、パスポートを貸せよ」



 係のおじさんは、既に一度押されたイランの出国スタンプに上から他のスタンプをぐちゃぐちゃと押し適当に無かったことにし、さらにペルシャ語で何やらオレのパスポートに書き出した。

 ←おそらく、「一度出国したけどビザが無くて戻って来やがった。日本人のくせにいい加減。準備不足で失敗するタイプ。仕事仲間にするには不適格」などという意味のことが書かれているのだろう。そうに違いない。
 
おのれっ!!! よくもそんなひどいことをっ!!! いじめだ! これはいじめだ!!

 オレはイミグレーションを出て、再びイラン側の国境入り口に舞い戻った。まるで今初めて隣国からやって来た旅人のように(涙)。

 ……。
 オレこっからどうやって町まで戻ればいいんだ?
 もう夕方に近いためだろうか、国境に不可欠なタクシーもバスも1台たりとも停まっていない。最も近いザーヘダーンの町まで、砂漠を車で突っ走って30分もかかるのだ。こんな重いバックパックを背負って歩けないし、
お腹も痛い。いや。もういや。本当にイヤ(涙)。

 あっ!!

 ふと数十メートル先の売店を見ると、さっきオレの乗ってきたミニバスが放置されており、店先では運賃の1万リアルをめぐってオレと壮絶な怒鳴り合いを繰り広げた運転手のおじさまが、店主と話をしながらチャイを飲んでいた。仕事の後の1杯という感じだ。
 ……。
 これは……。
 それしかない。町へ戻るためには、
あの運転手に泣きつくしかない。
 しかし、つい数十分前にあれだけの剣幕で喧嘩をしてしまったのだ。結局2万リアルだけ払って「もうパキスタンに行くんだから、あんたとは2度と会わないよ。愚か者! 詐欺師!!」と失礼な捨てゼリフを吐いてバイバイしてしまったのだ。今さら「さっきはごめんなさい。やっぱり仲良くしましょう。乗せてくださ〜い」なんてかわいくお願いしても、きっと彼はカップの中のチャイをわざと地面にこぼし、「このチャイをカップに戻すことが出来たらさっきのことは忘れて仲直りしてやろう」と非情に言い放つことだろう。
覆チャイ盆に帰らずの故事の再現である。

 ああ、そんな。今さらあのおじさんに頼むなんて無理だ〜(涙)。あれだけ憎々しげに悪態をついておきながら、その相手に舌の根もウェットなうちに助けを求めるなんて。そんな〜〜。でも、他にどうしようも無い。ああ〜〜

 ……。

 オレは、とりあえず
運転手には全く気付いていないフリをして、口笛を吹きながら自然な様子で売店ににじり寄った。気付いてないよ。オレは運転手さんなんかには気付いてないよ。ここで売っている荷造り用のロープや、ホメイニ師のブロマイドに興味があるんだよ。
 なるほど〜。これが噂のホメイニ師か〜。いや〜。ほほお〜。


「んん? おまえ、さっきの日本人じゃないか。何やってるんだこんなところで?」


「やっぱりホメイニ師のヒゲは違うなあ。フセインなんかとは大違い。気品が漂ってるもん。ヒゲの中から溢れ出んばかりの気品が。……。
ああっ!! あなたはっ!!! 全く気付きませんでしたが、見れば先ほどの乗り合いバスの運転手さんじゃないですか!!


「おまえパキスタンに行くんじゃなかったのか? なんでこんなところにいるんだ?」


「あれ? なんでだろう? おかしいなあ。でもそういえば、さっきは僕たち激しく言い合ったじゃないですか。なんというか、雨降って地固まるというか、敵ながら信念を曲げない男らしい人なんだなと、そう思っていて」


「そりゃおまえ、こっちだってもう20年以上も運転手やってるんだ。引かないところはなんとしても引かない、そういうのが大事なんだ」


「いや〜、普段から人品卑しからぬ方とは思っていましたが、経験に裏打ちされた実に含蓄あるお言葉。ぜひ私の人生訓にさせてください」


「ところでおまえは、ここでいったい何をやってるんだ?」


「ああははあ〜。ちょっとですねえ、なんというか、パキスタンに行こうとしましたが、ちょっとしたなんというか、ビザ的なものがあったり無かったりで、それで入国できたり出来なかったりで、とりあえずザーヘダーンの町まで戻らなくちゃいけないというかそんな感じで」


「……」


「で困っていたところに、ふと見ればさっきのおじさんに売店で出くわすこの奇遇。じゃあもうこの際、また車に乗せていただけないかな、とかなんとか言っちゃったりなんかしちゃったりして」


「……」


「……いや〜あはは。のせ、ののせ、
乗せてください……(涙)


「……。3万リアルだぞ」


「3万!! 3万リアル!! 安いっ! ああ、なんて安いんでしょう!! 乗客のことを考えたこの良心的な運賃! 親切でリーズナブルな料金設定!! たったの3万リアルで町まで運んでくださるなんてっ!! おじさんありがとう。本当にありがとう(号泣)!!」



 ……。
 砂漠を30分ミニバスで突っ走り、オレはフランフランの状態になりながらザーヘダーンの町へ引き戻された。もはや精魂尽き果てた過労のハンサムは、何も考えずに近くの安ホテルにチェックインするとすぐにベッドの上で魚になり、意識を失うのであった。





今日の一冊は、

面白南極料理人 (新潮文庫)




TOP     NEXT